マンション管理士・管理業務主任者資格試験合格コース

「フロー型社会からストック型社会の転換期の今!非常に重宝される資格です。
アットホームスタディ マンション管理士・管理業務主任者資格試験合格コース
※現在は販売期間外です。販売開始までしばらくお待ちください。

資格・試験の概要

日本の8世帯に1世帯はマンション住まいとなっている昨今、マンションの適切な維持・管理や修繕に伴うトラブル解決など、マンション管理士・管理業務主任者の需要は年々高まっています。
なお、管理業務主任者は宅地建物取引士の様に、法的に定められた「設置義務」や、「重要事項説明の記名・押印」などの独占業務もあることから、企業からの需要も高い資格となっています。

マンション管理士とは

マンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録を受け、マンション管理士の名称を用いて、専門的知識をもって、管理組合の運営その他マンションの管理に関し、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とする専門家です。

管理業務主任者とは

マンション管理業者が管理組合等に対して管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う際に必要な国家資格者のことです。
「管理業務主任者」となるには、管理業務主任者試験に合格し、管理業務主任者として登録し、管理業務主任者証の交付を受けることが必要となります。

☆設置義務について
マンション管理業者は、その事務所ごとに、管理事務の委託を受けた管理組合数30組合につき1人以上の割合で、成年者である専任の管理業務主任者を置かなければならないとされています。
(例)
63 の管理組合から管理事務を委託されていたとすると、63÷30=2.1 となります。0.1 の端数は切り上げとなるので、合計3 人の業務主任者を置かなければならないというわけです。

資格取得のメリット

マンション管理士

メリット1:名称独占資格

マンション管理士は、中小企業診断士やファイナンシャルプランナーなどと同様の「名称独占資格」です。
そのため、マンション管理士試験に合格していない者は、マンション管理士を名乗って業務を行うことが出来せん。
マンション管理士でなければできない業務があるわけではありませんが、大きなメリットと言えます。


メリット2:信頼度アップ

マンション管理士は、合格率の低さから、業界では難易度の高い試験として認知されています。
マンション管理士試験に合格することで、業務の幅が広がる他、会社やお客様からの信頼度アップに繋がります。

管理業務主任者

メリット1:設置義務

マンション管理適正化法で、「管理会社は事務所ごとに30管理組合に一人以上の成年者である専任の管理業務主任者を置かなければならない。」と定められているため、宅地建物取引士と同様に非常にニーズが高く、マンション管理会社などから大変重宝される資格です。


メリット2:独占業務

管理業務主任者は、資格の取得者のみに行うことが許される以下の「独占業務」があります。。
①委託契約に関する重要事項の説明および重要事項説明書(72条書面)への記名押印
②管理委託契約書(73条書面)への記名押印
③管理事務の報告

試験の概要

                  

■マンション管理士試験

受験資格 特になし
試験内容
  • 四肢択一式 50問
試験地 札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市及び那覇市 並びにこれら周辺地域
申込受付期間 平成30年8月1日(水)~平成30年10月2日(火)
試験日 平成 30 年 11 月 25 日(日)  13時~15時
合格発表 平成31年1月11日(金)
過去のデータ   平成27年度 平成28年度 平成29年度
受験者数 14,092人 13,737人 13,037人
合格者数 1,158人 1,101人 1,168人
合格率 8.2% 8.0% 9.0%
合格点
※50点満点
38点 35点 36点
試験機関 公益財団法人マンション管理センターhttp://www.mankan.org/


■管理業務主任者試験

受験資格 特になし
試験内容
  • 四肢択一式 50問
試験地 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県、沖縄県、計8地域 並びにこれら周辺地域
申込受付期間 未定
試験日 未定
合格発表 未定
過去のデータ   平成27年度 平成28年度 平成29年度
受験者数 17,021人 16,952人 16,950人
合格者数 4,053人 3,816人 3,679人
合格率 23.8% 22.5% 21.7%
合格点
※50点満点
34点 35点 36点
試験機関 一般社団法人マンション管理業協会http://www.kanrikyo.or.jp/kanri/siken.html

教材について

膨大な試験範囲をいかに効率的に学習できるかが、勝負の分かれ道。
アットホームスタディの無理のない確実なカリキュラムで、今年度の合格を目指しましょう!

ココがポイント!
効率の良さを追求!基本テキスト

マンション管理士試験・管理業務主任者試験ともに頻出の論点。それが、「区分所有法」と「マンション標準管理規約」です。これらは覚える範囲も多く、混乱しやすいため、毎年多くの受験者を悩ませています。。
そこで、アットホームスタディの基本テキストは、これら「区分所有法」と「マンション管理規約」を比較しながら学習ができるレイアウトで構成。
これにより、区分所有法との相違点や、準管理規約に補足として付記されているコメント部分を併せて学習でき、より効率的な学習が可能となります

マン管・管業テキスト

ココがポイント!
明快授業で知識をスムーズにインプット!講義DVD

当社担当講師(竹原健 氏)による、緻密な本試験対策に基づく明快かつ大胆な講義。
「ここはやる。ここはやらない。」と気持ちいい位にバッサリと斬っていきます。
これにより「やらないといけない」ことが明確になり、インプットの学習時間を大幅に削減できます。

ココがポイント!
インプットした知識を強固で確実なものに!充実の演習問題

マンション管理士試験・管理業務主任者試験は出題範囲が多岐に渡るため、①基礎知識の定着→②一肢一肢の正誤判断能力の養成→③過去問学習
このステップが効率的な学習方法だとアットホームスタディでは考えています。
そこで、一問一答問題集(1,000問)、過去問題集(5年分)、提出課題(5回)と、充実の問題数をご用意し、皆さんの知識定着を図ります。

教材セット内容

1

基本テキスト(1冊)

本試験合格に必要な基礎知識を効率よくマスターできる、知識をインプットするため の基本テキストです。

2

講義DVD(6枚)

当社担当講師が、本試験の重要ポイントを基本テキストに沿って分野別にわかりやすく解説しています。

3

過去問題集「平成25年度~平成29年度」(5冊)

過去5年間分の本試験問題を収録した問題集。1年ごとに1冊で分かれており、詳しい解説も付いています。

4

一問1答問題集(5冊)

インプットした知識を定着させるのに最適な一問一答問題が5冊、計約1,000問収録された問題集です。

5

総合問題(1回分)

本試験を想定した、本格的な総まとめテスト。学習の総仕上げにお使いいただけます。

6

法改正資料(1部)

法改正があった際などに、臨時でお送りする資料です。
※特段、目立った改正がない場合はお送りしない場合もございます。

7

法改正資料講義DVD(1枚)

法改正資料の内容を説明した解説DVDです。
※特段、目立った改正がない場合はお送りしない場合もございます。

8

問題解法・応用DVD講義(2枚)

マンション管理士講座で出題される応用問題に対応するための講義DVDです。
※マンション管理士講座のみに付属するDVDです。

9

問題解法・応用DVD講義(2枚)

マンション管理士講座で出題される応用問題に対応するための講義DVDです。
※マンション管理士講座のみに付属するDVDです。

10

問題解法・応用DVD講義用レジュメ(1部)

マンション管理士講座で出題される応用問題に対応するためのレジュメです。
※マンション管理士講座のみに付属するレジュメです。

学習の進め方

下記は、当社の講座を利用して学習する場合の一例です。
マンション管理士試験も、管理業務主任者試験も、基本的な学習の方法は変わりません。効率よく、合格に必要な知識を身につけましょう!

STEP1 基礎知識の習得

まずは、知識の基礎を作りましょう!
分野別に分かれた基本テキストと、DVD講義を併用して知識をインプット。
合格に必要な知識をこの段階でしっかりと習得し、次のステップへと進みましょう。
この基礎作りが合格を左右します。

STEP2 知識の定着

この段階で基礎を確実なものにしましょう!
アットホームオリジナルの一問一答問題で正誤判断力を身につけ、過去問題集・提出課題で知識を確実なものにしていきましょう。

STEP3 (マンション管理士受験者)

マンション管理士講座を受講している方はもう一踏ん張り!
オリジナルの試験対策用レジュメと、DVD講義で直前対策。

STEP4 実践力の養成

最後に学習の総仕上げ。
知識の定着が終わったら、いよいよ学習の総仕上げに入ります。
本番さながらの総合問題で実践力を身につけましょう!

講師紹介

マンション管理士・管理業務主任者試験合格コースの講師をご紹介します。

  • 竹原 健(たけはら けん)先生

    株式会社頭脳集団ブレイン 代表取締役

    各種予備校・企業で行政書士試験や宅建試験、マン管・管業試験向けの講師を務めるかたわら、テキスト・参考書・問題集を数多く執筆している。